4033887445_94a449a71a_z-560x375

ビクトリアピークは世界三大夜景の一つに数えられる香港の夜景スポットとして有名です。

イギリスのビクトリア女王の名前からとって名付けられ、香港では山頂という意味でザ・ピークとも呼ばれます。もともとは「太平山」でした。


出典:travelhack.jp

 

 

ピークトラムで山頂へ

ビクトリアピークの麓までのアクセスはMTR中環から徒歩10分です。山頂へは2両編成のケーブルカーで約8分で麓と山頂をつなぐピークトラムでアクセスできます。このピークトラムには切符を買うかオクトパスカードでも乗車ができて便利ですね。

香港を訪れたら、まずはほとんどの方が行ってみるような定番の観光地となっています。夜でなく昼間に行ってももちろん、展望台からはビクトリアハーバーを一望でき、壮大な景色を楽しむことができます。

 

 

展望台から絶景を望むピークタワー

ピークトラムの終着駅につくと、「ピークタワー」なる複合施設が観光客を出迎えます。ここでお土産を買うもよし、展望台に上るもよし、人気のチャイニーズレストラン「天一酒家」などの見晴らしの良いレストランで食事をしながらの絶景を拝むもよし。但し、窓際席は既に満席になっている可能性も高いです。

タワー内の「マダム・タッソー」なる蝋人形館もお忘れなく。100体以上の有名人の蝋人形がズラリと並ぶ館内はミーハー気分で楽しめます。また「ピークルックアウト」という石造りのレストランを訪れてみれば思いがけず19世紀の歴史を感じることが出来るでしょう。

 

山頂が開拓されたのはイギリス植民地時代に西洋人が住み着いたことがきっかけです。香港の夏の暑さに西洋人が耐えられず、避暑地を求めて山頂に邸宅を建てたと言われています。日本で言う軽井沢的な感覚でしょうか。現在もこのエリアは高級住宅地となっています。


スポンサードリンク