香港は日本でも人気の観光地なので成田空港や羽田空港からは多くの路線が就航しています。香港国際空港からのアクセスや香港市内での移動手段についても事前におさえておくと旅行中に困ること無く観光できますので、ここでは交通手段についてのポイントをご紹介します。

 

日本から香港への飛行機

日本から香港へ就航している航空会社はJAL、ANA、キャセイパシフィック航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、香港航空があります。成田空港だけでなく、日系の2社とキャセイパシフィック航空は羽田空港からも就航があります。フライトの本数が多く、使い勝手がいいのはキャセイパシフィック航空でしょう。日本からのフライト時間は約4時間半~5時間です。

 

 

香港国際空港から香港市内への移動は電車が便利

香港国際空港から香港市内までは車で移動すると所要時間は40分~1時間。中心部では渋滞があるので、車の場合には余裕を持った方がいいでしょう。

一番早くて便利なのは電車です。香港国際空港から青衣~九龍~香港駅を結ぶエアポートエクスプレス(AEL)が運行しています。12分間隔で出発する上に、終点までの所要時間は23分。さらには到着各駅から無料のシャトルバスが出ていて、主要ホテルを巡回するのでホテルまでも楽々帰りは駅のチェックインカウンターで搭乗手続きを済ませることができて大変便利なので、これを利用しない手はありません。

 

 

香港市内の移動は地下鉄で

市内の移動は地下鉄が便利です。6路線で色分けされており、とても分かりやすいです。日本の地下鉄に乗れる方なら世界中どこの地下鉄でも大丈夫だと思います。

切符は「八達通」と書く「オクトパスカード」を一枚持つのが便利です。日本のスイカのようなもので、これ一枚でエアポートエクスプレス、バス、メトロ、フェリー、トラムと様々な乗り物に乗れます。また、街中のコンビニやファーストフード店でもオレンジのマークにカードをかざして「ピッ」で会計が済むので、これは使えます。駅員さんがいる窓口で買えるので、到着後は早めに手に入れておきたい一品です。


スポンサードリンク