日本でもおなじみの老舗ホテル、ホテル・オークラが2011年にマカオに進出しました。こちらも「ギャラクシーマカオ(澳門銀河)」内にあるホテルのうちの1件です。

ロビーでは着物姿のホテルスタッフがお出迎え。木材や障子を使った日本風な内装と、和の「おもてなし」に、日本人ならほっとしてしまうかも知れませんね。日本人スタッフも大勢いるので、海外旅行での言葉の壁やコミュニケーションが心配な方も安心です。

 

お部屋は46平方メートルからで、二人で泊まるには十分な広さです。ツインのお部屋が多かったりトイレにはウォシュレットが付いていたり、日本人好みの造りになっています。

マカオが世界に誇る大型のカジノホテルなどと比べるといたって普通のホテルになっており、落ち着けるけど面白みがないかなぁ、という感じもしますが、ジャパニーズスタイルが好きな外国人の宿泊客にはウケがいいようです。


スポンサードリンク